名古屋でSMクラブ体験しました。

私、名古屋と言えばいつだって、SMクラブのことを思い立ってしまう訳です。名古屋とは私の身体の内部にある一面を引き立たせてしまう存在なのかもしれません。SMクラブの魅力はもう十年くらい前から知って、私は名古屋でSMクラブに通い続けていますね。しかし、このSMプレイなるものなかなか親愛なる妻に対しても簡単に要求出来るものではありませんし。今更、そんな新しいプレイなんて恥ずかしくて要求出来ないのです。長年連れ添っても夫婦の関係とはそういうものなのです。そして、きっと妻もMなんじゃないですかね。MとMの夫婦なんて、きっと使い物にならないですよ。だから、私名古屋で徹底してSMクラブでMになりきる訳です。私、SMクラブでSの女王に対して、「お願いします。私の、アソコをしゃぶってください」なんて、頭が絨毯にすり切れるほどお願いするつもりでいますよ。しゃぶってください…。こんな言葉の響きが実に風俗では自分自身を更に興奮させるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です